銚子市で濱口梧稜のシンポジウムがありました。濱口梧稜は銚子にゆかりの深い偉人で、ヤマサ醤油の7代目の当主でした。実業家、篤志家、政治家その他いろいろな顔を持っています。私は「濱口梧稜と感染症」という少し変わった題で講演を依頼されました。スライドを見ていただければ、彼の生きた時代の感染症と医療、濱口梧陵の人脈とその功績がわかります。非常に興味深い人です。

 

 濱口梧陵文政36151820724 明治18421日(1885)は、紀伊の国の広村(現・和歌山県有田郡広川町)出身の実業家であり、社会事業家、政治家として活躍しました。また医学や公衆衛生とも深く関わっています。

 梧陵というの雅号字(あざな)公輿諱(いみな)成則です醤油醸造業を営む濱口儀兵衛家(現・ヤマサ醤油)の当主で、七代目濱口儀兵衛を名乗りました。梧陵は津波から村人を救った物語稲むらの火のモデルとして世界的に知られています。

 梧陵は紀州の湯浅醤油商人である濱口分家・七右衛門の長男として生まれ、12歳で本家(濱口儀兵衛家)の養子となり、銚子に移りました。家訓で主人であっても優遇せずに、丁稚や小僧と寝食を共にする慣習があり、そうした生活をおくったと思われます。濱口家は、銚子で醤油醸造業を、江戸で金融業を営む豪商でした。

 梧陵は江戸に上見聞を広め、開国論者となりました。文武の修行に励み、特に三宅良斎の影響を強く受け、西洋事情を学びました。三宅良斎は1838年に佐藤泰然らと江戸薬研掘で「和田塾」を開き蘭医として活躍しています。梧陵との出会いは1841年(天保12年、梧陵21歳、良斎25歳)です。「蛮社の獄」(天保10年)などで江戸に居にくくなった良斎に銚子での開業を勧め、良斎は1842年銚子で開業します。梧陵は良斎の医院を訪れ、西洋事情などいろいろ学んだようです。良斎は1844年に一時佐倉に住みますが、1845年奥州を訪れ、1848年に江戸に戻っています。

 梧陵は1850年(30歳)、銚子に帰郷し、事業を行いました。嘉永6年(1853年:梧陵33歳)七代目濱口儀兵衛を相続しました。濱口儀兵衛は代々、銚子と広村を往復して、家業の経営を行っています。また、嘉永5年(1852年:梧陵32歳の時、同業の濱口東江(吉右衛門)・岩崎明岳(重次郎)とともに紀州広村に稽古場を設立し、人材の育成をはかりました。のちに(1866年)この稽古場は耐久舎(現在の和歌山県立耐久高等学校)と命名されました。

 稲むらの火は、安政元年115日(18541224)夜、安政南海地震津波が広村に襲来したとき、濱口梧陵は自身のにあったの山に火をつけ、安全な高台にある広八幡神社(ひろはちまん)への避難路を示す明かりとし、村人を誘導し、9割以上を救った(死者30人)と言われています。 http:/www.ja.Wikipedia.rog/wiki/濱口梧陵

 https://www.google.co.jp/search?q=広八幡神社+広川町

 

 

梧陵はさまざまな社会事業を手がけましたが、とくに医学への支援には厚いものがあります

 濱口梧陵の支援と影響を受けた一人が、関寛斎です。寛斎は1856(安政3年)、佐藤泰然推薦により、銚子で医院を開業し、濱口梧陵の知遇を得ました。当時流行していたコレラ(1858年:梧陵38歳)の防疫に意を傾けていた梧陵は、関寛斎を江戸の西洋種痘所(お玉池種痘所、後の東京大学医学部)に赴かせ、伊東玄朴三宅艮斎(ごんさい)の下でコレラの予防法を学ばせ、銚子でのコレラ防疫に業績をあげました。

 また、1858年(安政5年11月15日)、西洋種痘所(お玉が池種痘所)が焼失すると、翌1859に梧陵は、種痘所の再開のために300を寄付しました。濱口梧陵傳によると、図書及び機械類の購入費のため更に400両を寄付したとされています。また、梧陵は関寛斎を経済的に支援し、1860年(万延元年)に長崎に留学させています。蘭学医・ポンペ・ファン・メーデルフォルトのもとで、 1年間学んだ寛斎は、1862文久2年)春に銚子に戻りました。梧陵は寛斎に長崎での留学を続けるよう勧めましたが、寛斎は翌1863年(33歳)、徳島藩藩医となり徳島へ移住しました。寛斎は後に梧陵の勧めに従わなかったことを悔いたといわれています。

 梧陵は1862年に出版された医学書七新薬司馬凌海著、関寛斎校)の出版に関わる費用を援助するなど、日本の近代医学の発展にも深く関わっています。

http://togetter.com/li/516601(江戸の地図とお玉が池)

 

 新七薬はポンぺの講義を記述したものです(朋百:ポンぺ講述)。語学に優れた司馬凌海が翻訳し、関寛斎が校閲しました。内容は、ポンペの説により7種類の新薬をとりあげて、それぞれの健康作用と薬効を紹介したものです。7種の新薬は沃てん(ヨード)、硝酸銀、酒石酸けんこう、規尼(キニーネ)、珊篤尼(サントニン)、莫非(モルヒネ)、肝油です。まず薬を健康人に使用し、その作用(健康作用)を説明してから、病気に対する作用機序を述べるという順に説明されています。

 

 

 関寛斎を梧陵に推薦した佐藤 泰然は信圭(のぶかど)では紅園、泰然は通称です。現在の神奈川県川崎市誕生しました文化元年(1804 明治54101872516)。現在の順天堂大学の基礎を作った人です。天保元年(1830年、26歳)に蘭方医を志し、足立長雋(ちょうしゅん)や高野長英に師事しました。しかし、満足出来ず、天保6年(1835年:泰然31歳)に長崎に留学し、三宅良斎と出会います。長崎ではオランダ医のニーマンに医学を習っています。

 天保9年(1838年、34歳)に江戸戻り、両国薬研堀和田塾開きました。天保14年(1843年)、佐倉藩主堀田正睦招聘で佐倉に移住(39歳)し、病院兼蘭医学の塾佐倉順天堂を開設しました

 そ治療技術は当時の最高水準を極めていました。泰然の高弟であった関寛斎順天堂外科実験」にその手術例が詳しく記載されています療治定」によると卵巣水腫開腹術割腹出胎術があります。4年(1851年)には、日本初の「膀胱穿刺」手術に成功し、他にも乳癌手術、種痘など蘭学先進医療を行うとともに医学界を担う人材を育成し、順天堂緒方洪庵の適塾ならぶ有名蘭学塾となりました。6年(1853年)、町医から佐倉藩の藩医なり(49歳)、2年(1862)佐倉を離れ横浜に移住し、明治5年(1872年)東京下谷茅町(現・台東区池之端)で死去しました。享年69歳でした。

http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/sfc/100rokekensaku/20103jyuntendou.htm

佐倉順天堂記念館

 

 

 関寛斎文政13218日(1830312 大正元年(1912年)1015))は、蘭方医。上総国山辺郡中村(現在の東金市)の農家の子として生まれました。13歳の時に関俊輔の養子になります。養父の儒家である関俊輔に薫陶され18歳で(1848年、嘉永元年)佐藤泰然の起こした「佐倉順天堂入門、佐藤泰然の書生になり下働きをしながら蘭医学を学びました(各地を廻って牛痘接種をしたと日記に記しています)。4年間を順天堂で修行し、佐藤泰然の手術助手を務め、その間の臨床事例や、施術、患者の様子などを記述した「順天堂外科実験」を残しています。この時期に、林洞海、三宅良斎にも学んでいます。

 後で述べるように、当時、種痘術(種痘ワクチン)は、人痘法から、より安全牛痘法への転換期にあり、寛斎は身をもってその歴史を体験しました。1852年、俊輔の希望もあり帰郷し、12月25日、君塚あいと結婚します。1856年、寛斎26歳の時、佐藤泰然の推挙により銚子荒野村(現:銚子市輿野)で開業しました。ここで、有力者であるヤマサ濱口の知遇を得ました(寛斎26歳、梧陵36歳、泰然52歳)

 安政5年、江戸安政コレラの大流行(185859年)で、万を超す死者が続出。梧陵地域のリーダーして銚子への波及を恐れ関寛斎対し西洋種痘所へ出向き防疫法を学び薬品等の資材を手に入れるよう求めました(関寛斎、28歳)。先に述べたように、185811月、種痘所が焼失したとき、濱口梧陵は種痘所の再建を支援しました。梧陵の求め応え戻った寛斎、梧陵と力を合わせて防疫に努めた結果銚子地方は、コレラの大流行を来さずしてに至りきという成果をあげまし医学は経験的にコレラを原因は一種の毒質にして鼻及び口より体中に入る」して環境の清潔、飲食への配慮などの予防対策勧めていました(1884にコッホがコレラ病原体としてコレラ菌を同定、コレラ菌の発見は1854年、イタリア人医師フィリッポパチーニによります)。

https://www.google.co.jp/search?q=Filippo+Pacini

 

 

 佐藤泰然のもとで寛斎が記録した順天堂外科実験ポンペに学んだ朋百(ポンぺ)氏治療記事』『七新薬は、当時の医学に関係する第一級の資料でした関寛斎は徳島藩典医、戊辰役には官軍の病院長を務めました。その後、徳島に帰り、町医者と庶民の診療、種痘奉仕などに尽力。72北海道陸別町の開拓事業を開始するも、志しを果たせず1912年(大正元年)82歳服毒自殺をすることになりました。

 

 

 泰然、良斎、梧陵、寛斎の関係を見ると、佐藤泰然と三宅良斎は長崎で出会います。島原生まれの良斎は14歳(1830年)で長崎に出ています。泰然は1835年(26歳)で蘭医学を学びに長崎にきて良斎と出会い、終生の付き合いになります。二人は1838年に林洞海、岡南洋、島田玄礼らと江戸にもどり、薬研堀で開業します。その後1842年に良斎は銚子で開業しています。1840年に結婚した梧陵は江戸と銚子で良斎から西洋事情などの教えを受け、終生の師と仰いでいます。

 泰然は佐倉で1843年に佐倉順天堂を開設し、のちに佐倉藩の藩医となります。1844年に良斎は佐倉にきますが、出羽の国に赴き、1848年に江戸にもどります。同年の1848年に関寛斎が佐倉順天堂に入門します。江戸(お玉が池種痘所1858年)よりもずっと早く、1849年に牛痘苗が佐倉順天堂に導入され、房総での種痘が始まりました(関寛斎の牛痘接種日記)。1856年泰然が寛斎に銚子で開業を勧めます。ここで梧陵が寛斎の支援を始めます。寛斎は江戸の伊藤玄朴、三宅良斎らを訪ね、またのちに長崎留学を勧められます。

 1858年6月に開設された江戸のお玉が池種痘所は、半年後の1858年12月に焼失します。落胆する伊藤玄朴に西洋種痘所の再建を進め、濱口梧陵から300両の資金を獲得したのは三宅良斎であったようです。

 

 

https://www.google.co.jp/search?q=長崎出島、蘭学 

 日本のオランダ医学(蘭学)を振り返ると、1823年にシーボルト(27歳)がオランダ商館医員として着任し、24年に鳴滝塾を設立した当時、伊藤玄朴、高野長英らが学んでいます。シーボルトの第1回目の日本滞在は1828(1829)年で終わります。次いで1830年にニーマン(34歳)が来日し、オランダ商館長として1835年から1838年まで務めています。このときの門下生に佐藤泰然、三宅良斎がいます。ニーマンは医師ではなく、泰然の医学は楢林栄建、足立長雋(ちょうしゅん)に学んだようです。1857年には軍艦ヤバン号(後の咸臨丸)でポンぺが来日し、オランダ医学を教えます。ポンぺは幕府に要請し、「長崎養生所」を開設します(1861年、文久元年)。関寛斎はこの時(1860年~61年)、長崎に留学しています(のちに朋百(ポンぺ)氏治療記事』を残す)ポンぺは5年間日本に滞在しています。1859年にはシーボルトが日本に再来日しています。シーボルトは、1861年には幕府に呼ばれて江戸にも来ています。1862年に帰国しました。

 

 

 コレラの話の前に、種痘について少し話します。牛痘接種法がわが国に伝来し、初めて成功したの嘉永2年(1849年)です。1849年には佐藤泰然は45歳で既に佐倉順天堂を開設して6年、濱口梧陵は29歳で、和歌山に帰郷する前の年で江戸にいます。関寛斎は19歳で、佐倉順天堂に入った翌年になります。

 新しい種痘法の流れは長崎からひろがり、9月日野鼎哉が京都に種痘所を、11月緒方洪庵が大阪に除痘館設立しました。広島の三宅春齢、福井の笠原良策らにより西日本には急速に種痘が普及しました岡山では、1850年初頭に緒方洪庵が足守除痘館を設立しました。

 江戸は幕府直轄の地であるが故に種痘に反対する漢方医が勢力を持っていたため、種痘蘭方医各自が細々と行うのみでした。しかし効果はだれもが認めるところとなりシーボルトの教えを受けた江戸在住の佐賀藩藩医 伊東玄(1800-1871)が中心となり蘭方医82名が資金を拠出して牛痘伝来9年後安政5年(1858年)にお玉ケ池種痘所(江戸で初の種痘所、西洋種痘所)を設立しました(この年に濱口梧陵が関寛斎を江戸に送っています)種痘の効果が絶大であることから当初私設種痘所は1860年官立(幕府立)となり西洋医学所→医学所→大学東校→東京医学校と名称を変更し、その後東京大学学部に発展しました。 http://image.search.yahoo.co.jp/searchp= %E5%AE%98%E7%AB%8B%E7%A8%AE%E7%97%98%E6%89%80

 

 

 天然痘(感染症法の1類感染症)について簡単に説明します。非常に強い感染力を持ち、全身に膿疱を生じ、治癒しても瘢痕(あばた)を残します世界中で不治、悪魔の病気と恐れられてきた代表的感染症です。強い感染力と高い死亡率(約40%)のため、時に国や民族が滅ぶ遠因となりました(インカ文明、アステカ文明など)

 疱瘡、痘瘡ともいわれます。医学界では一般に痘瘡の語が用い られました。古くは、エジプトの王・ラムセス51145 - 1141年ミイラから天然痘の痕跡確認されています。①人にしか感染せず種の特異性が強く、人以外の動物がウイルスを保有することがない、)、②1度かかれば2度と罹らない、強固な免疫ができます。③瘢痕(あばた)が残り感染、非感染の識別が可能です(誰にも罹ったことがあるかないか分かる)、④そして、ジェンナーのワクチンが非常に有効であったため、天然痘ウイルスは撲滅され、天然痘はなくなりました。1980年にWHO(世界保健機関)から撲滅宣言が出されました

 

 ジェンナーの種痘までのワクチンの歴史を振り返ると、BC600年頃に中国で痂皮(かさぶた)を鼻腔に接種する経鼻伝痘法が確立・普及したいう人痘接種法)記録があります。この方法は、その後中近東、欧米でも行われましたが、ヒト由来の天然痘ウイルスなので死亡率は12%と高いリスクがありました。568年、メッカのElephant戦争で、エチオピア兵が天然痘で全滅しました。569年には、アバンシュの司祭 Mariumが「斑点がある」という意味のラテン語「Varius」からVariola(天然痘)と命名しました。910年 Al-Razi (イラン)が天然痘に関する論文を記述し、麻疹と天然痘の鑑別診断法を記載しています。10世紀の中国(江蘇省)で、膿疱が比較的少ない症例から瘡蓋を採取し、乾燥した瘡蓋を8粒、ユリ科の植物2粒を小児鼻に吹き込む(死亡率1%未満)方法が開発されました。

 

 その後、スペインが米大陸に天然痘を持ち込む(文明の滅亡:1507年カリブ諸島、1520年メキシコ、1524年ペルー、1555年ブラジルなど)ことになりました。中国の人痘接技術は、1652年頃に戴曼公により日本に伝えられ朝鮮やロシアにも伝えられました。ロシアからトルコに伝えられ、1717年には英国の駐トルコ公使モンターギュ夫人の子供に人痘接種が行われています。その後、夫人の紹介により英国に人痘術伝えられました(1721年頃)1796年 ジェンナーが牛痘ワクチン(ワクチニアウイルス)の接種を試み、成功しました。こうして種痘ワクチンが世界中で用いられるようになりました。

 

 ジェンナーの偉業について簡単に話します。世界中で不治の病気として知られていた天然痘を、英国の医師エドワード・ジェンナー牛痘にかかった人は天然痘に罹らないことを知り 、1796年少年に牛痘の膿を接種したところ、その少年は天然痘に罹りませんでした。これが「予防接種」の始まりとなりました。具体的にはサラ・ネルメスの手にできた牛痘の病巣(ジェンナーの調査では16症例目になります)を、1796年に使用人の子供ジェームス・フィップスに接種したところ、彼は天然痘の発症を免れました。種痘の接種により天然痘に対して免疫になったのです

 ワクチンVaccine)という言葉は、ラテン語の「Vacca雌牛)に由来していますパスツールが種痘法を確立させたエドワードジェンナー敬意を表し、その種痘法発見のもとになった雌牛>のラテン語 Vaccaから命名されたといわれています。現在、種痘ワクチン株の由来は牛痘ウイルスではなく、 野生齧歯類由来のワクチニアウイルスか?馬痘か?と言われています。

 その後、ルイ・パスツールが病原体の培養を通じて病原体を弱毒化すれば、その接種により疾病を免れるという理論的裏付けを与え、ワクチン開発(家禽コレラワクチン、炭疽ワクチン、狂犬病ワクチン)への 応用の道を開きました。パスツールもまた天才といえます。

 

 20世紀の天然痘根絶への歴史をたどると、以下のようになります。

 1901年 Calmette, Guerin がウサギ皮膚での天然痘ウイルスワクチンの力価測定法を開発しました。なお、Calmette, Guerinが開発したワクチン、Bacillus Calmette, Guerin 、BCGは、結核のワクチンです。

 1926年 国際連盟(League of Nationsの世界検疫会議で日本代表が天然痘をペスト、コレラ、黄熱と同様、届出伝染病に入れることを提案しましたが、天然痘は世界中に存在するとスイスが反対しました。このとき、天然痘流行の場合のみ届出(折衷案)るという安になりました。

 1936年 F.M. Burnet (のちに免疫学、クローン選択説でノーベル賞を受賞)が鶏卵漿尿膜のポック数をカウントすることでウイルス力価がわかることを示しました。

 第二次大戦後、1953年 世界保健機関(WHO)事務局長Brock Chisholmが天然痘根絶計画を提案しましたが否決されました。代わりにマラリア対策が採択されました。1954年 耐熱性天然痘ワクチンが実用化(L.H. Collier)されました。

 1959年には、WHO総会でソ連代表Victor Zhdanovが天然痘根絶を再提案し、採択されました。1965年に世界中で根絶計画が開始され、1977年に最後の患者(ソマリア)が確認され1979年根絶を確認し1980年5月8日に根絶宣言がだされました。人類が初めて世界中から根絶したウイルスが天然痘ウイルスです。

 

 話をコレラに戻します。日本で初めてコレラが発生したのは、最初の世界的大流行1817年~1823年)が日本に及んだ1822年(文政5)です感染ルートは朝鮮半島あるいは琉球からと考えられていますが不明です。九州から東海道及びましたが、この時は箱根を越えて江戸に入ることはありませんでした。2回目の世界的流行1826年~1837年)は、運よく日本への波及は免れました。

しかし、3回目1840年~1860年)は日本に達し、1858(安政5年)から3年にわたり大流行となりました。九州から始ま東海道に及んだものの、箱根を越えて江戸に達することなかったいう文献が多い一方、江戸だけで10万人が死亡したという文献も存在しますしかし、死者数については過大で信憑性を欠くという説もあります

 前述したように、1858年(安政5年)に、濱口梧陵はコレラの銚子への波及を恐れ関寛斎対し西洋種痘所へ出向き防疫法を学び、医薬品等の資材を手に入れるよう求めました(関寛斎28歳、濱口梧陵38歳、佐藤泰然54歳です)。

 当時、流行の原因は相次ぐ異国船来航と関係しており、コレラは異国人がもたらした悪病であると信じられ中部・関東では秩父三峯神社武蔵御嶽神社などニホンオオカミ眷属(神の使者?)とし憑き物落とし霊験を持つ眷属信仰が興隆しました眷属信仰高まりは憑き物落としのして用いられる狼遺骸の需要を高め捕殺の増加はニホンオオカミ絶滅の一因なったとも考えられているほどです

 

 この時代の医学的理解からコレラを見てみましょう。「虎狼痢治は緒方洪庵が

1858年(安政5年)に著しました。安政5年の秋、大坂でコレラが大流行した際、洪庵が緊急出版したのがこの本で、コレラ治療指針書です。モスト医家韻府1836年版)、コンラジ病学各論(同)、カンスタットの治療書(1848年版)の記述をふまえコレラの治療法を示しています。

 コレラは当時、さほど認知されていた病気ではなく、医者たち有効な治療法がわからず困リ果てていました。当時は、コレラについて医者たちが頼るものは、幕府が招いていた外国の医師ポンぺの治療法か、洪庵が訳し写本などの形で広まっていた扶氏経験遺訓の中のコレラの章くらいでした。扶氏経験遺訓(ふしけいけんいくん)は、緒方洪庵がドイツ・ベルリン大学の教授フーフェランドの内科書 "Enchiridion Medicum"(医学必携)のハーヘマンによるオランダ語訳を重訳したもの(1857年、安政4年出版、全30巻)。多くの医者は実際の治療法として伝わってきたポンぺの治療法を頼りました、その治療法はキニーネ(マラリアの特効薬)を使うものであり、キニーネ(マラリアは原虫、コレラは細菌とその毒素が原因なので効きません)不足し出回らなくなりました

 『虎狼痢治準は、こうした状況を打開しようと、洪庵が急遽対策書として世に出したものです。庵の経験則を交え症状や治療法が詳しく解説されていました治療法の見いだせない多くの医者にとってはコレラの治療指針もいえるものであり、社会への貢献度は高かったと言えます

 

 

 日本でコレラが流行し、緒方洪庵や伊藤玄朴らが種痘の接種を全国的に流布した時期の世界の感染症統御の動きを見てみましょう。この時期は細菌感染症の統御を本格的に試みた時です。感染症の原因が病原体(病原細菌など)の感染、増殖により起こること、細菌を弱らせたり、不活化して接種し、免疫を獲得すれば感染しないということが徐々に理解されてくる時代です。石炭酸を用いた消臭薬から消毒へ、そして消毒薬から不活化ワクチンへの発想にと変化していきます。経緯を簡単に振り返ってみます。

Samuel W. Cole(米国獣医師)が、「家畜疾病:1840」の中で、炭疽にかかった牛の膿を接種すると感染症から免れる(免疫になる)と記述(英国での流行)しています。

イグナッツ・フィリップ・ゼンメルワイスIgnaz Philipp Semmelweis1818〜1865)は産褥熱は接触感染の病気であり、医療従事者に手消毒塩素水)を義務づけることで発症率を激減させることができる」ことを証明しました。ゼンメルワイスがこのことを発見したのは1847で、ウイーン産科病院の産婦人科部長であった時です

③約20年後、 1866年にリスターは、傷口を細菌から守るため、複雑骨折の治療に石炭酸使用、良好な結果を得ました

④そして、1880トウッサン Toussaint)は、石炭酸による炭疽菌の不活化と、不活化ワクチン の製造を始めます。ルーとシャンベランが重クロム酸カリ不活化ワクチン研究を進めました。

パスツールは弱毒生ワクチンを研究、1881年、不活化ワクチンで炭疽ワクチンの公開実験に成功しました。パスツールは家禽コレラ、炭疽、狂犬病と矢継ぎ早に弱毒生ワクチンの開発研究を行いました。

 

 最初に紹介した「稲むらの火」の安政南海地震が1854年(梧陵34歳)、コレラ流行で関寛斎を江戸に送ったのが、安政5年(1858年、梧陵38歳)ですから、②のゼンメルワイルから③のリスターの頃の間に入ります。今でいえば、院内感染(特に外科手術)の防御に消毒薬が有効ということが理解された時代です。まだ、感染症の原因としての病原微生物の発見、同定にはいたっていません。パスツールが「白鳥の首フラスコ」を用いて、微生物が自然発生するものではないことを証明したのが、1861年(万延2年、文久元年)です。

 

 

 ところで、現代科学で明らかにされたコレラ(Cholera とは?どのような感染症でしょうか?

コレラ菌:コレラはコレラ菌(Vibrio choleraeを病原体とする経口感染症です。コレラ菌は、コンマ状の形態の桿菌で、鞭毛により活発に運動します従来アジア型(古典型)エルトール型が知られていましたが1992に新たな菌であるO139が発見されました

コレラ菌の特性:感染力が強く、アジア型は高い死亡率を示し、ペストに匹敵する危険感染症です。ペストが齧歯類とノミの間で維持されているのと異なり、コレラ菌は自然界ではヒト以外に感染しません流行以外のコレラ菌生存については、海水中、人体に不顕性感染形で存在する、あるいは甲殻類への寄生が考えられていますが、明らかではありません

感染経路と症状重要な感染源は、患者の糞便や吐瀉物に汚染された水や食物です消化管に入ったコレラ菌は、胃の中で多く胃酸ため死滅しますが少数は小腸に到達し、ここで爆発的に増殖してコレラ毒素を産生しますコレラ毒素の作用で細胞内の水と電解質が大量に流出し、いわゆる米のとぎ汁様」の猛烈な下痢と嘔吐を起こします

予防・治療法:直接の死因は大量の下痢と嘔吐による水と電解質の損失よる脱水です。電解質の補給極めて有効。コレラ罹患時には脱水のみならず消化管を休めること大切なので絶食と水分経口摂取禁止が基本です。重症例では、点滴による静脈内輸抗生物質脱水症状の改善とは無関係。Vibrio choleraeの菌体数を減らし、毒素産生減らす効果があります。点滴治療と組み合わせテトラサイクリン系やクロラムフェニコール利用されます。

 

 

 コレラの症状を引き起こす毒素がコレラトキシンです。コレラ菌(グラム陰性桿菌)は一般の腸内細菌に比べ、胃酸への抵抗性が弱いのですが、胃の切除者、制酸薬服用者には殺菌効果が期待できません。細胞膜上のGM1(糖脂質)に結合したコレラトキシンのBサブユニットが細胞膜に孔を開けAサブユニットを細胞内に送りこみます。AサブユニットはADPリボシル化酵素活性を持ち、NADADPリボースをG-蛋白に転移します。G-蛋白がリボシル化されると結合したGTPGDPに加水分解できず、活性化が維持され、アデニル酸シクラーゼがcAMPを作り続けます、そのため腸管の細胞内cAMP濃度が上昇し続けます。その結果細胞膜の水分透過性が亢進し消化管から大量の水分が漏出し激しい下痢を起こします。脱水症状の結果、循環障害や腎不全を起こします

 これらは現在も、アジア、アフリカ、中米など世界中で発生しています。

 

 

 振返ってみると、浜口梧陵の活躍した時代の日本では、天然痘のワクチン(種痘)の導入、コレラの流行の時期でしたが、海外では塩素や石炭酸(クレゾール)による殺菌法の開発、不活化・弱毒生ワクチン開発と、感染症の原因が病原微生物であり、感染症をどのように統御するか?その対抗策が開発されつつあった時代です。抵抗性の獲得に抗体や免疫が関与することがわかるには、もう少し時間が必要でした(北里柴三郎やベーリングによる抗毒素血清療法)。

 

 おまけ:テレビドラマの「仁、JIN」に史実とは違いますが浜口儀兵衛として登場します。韓国でもリメイクされ人気を博しました。どちらも見ましたが、面白かったです。御清聴有難う御座いました。

 

10月24日銚子プラザホテルでCISフォーラム2015がありました。200人を超す参加者で、大盛況でした。テーマは「TPP後を見据えた、日本の農業、水産業、畜産業の展望」についての講演と千葉科学大・倉敷芸科大・岡山理科大のポスター発表、および懇親会でした。最後の懇親会も100人を超す参加者で、4回を迎えたCISフォーラムでしたが、これまでの最高の盛り上がりでした。参加していただいた方々、ありがとうございました。また、関係者の皆さんご苦労様でした。発表時のスライドです。

 

妻と作った人形。

娘の修学旅行の写真をもとにしました。

オリジナルの写真です

 

娘のドイツ時代のカーニバルの写真です。大家さんは子ネズミちゃん「モイスヒェン」といっていました。

下の人形は妻の作品です。

先日、妻の作品が創刊700号記念家庭画報大賞の佳作に入りました。

題「何して遊ぼう」です。