ペストに関する原稿を依頼されました。以前、米国からのプレーリードッグの輸入を禁止する際に「プレーリードッグとペスト」の関連性を紹介しました。以下のインターネットにアップされています。http://hdkkk.umin.jp/topics/pest01.html

 その後、千葉科学大学での「病原体の科学」で細菌の多様性、抗生物質と耐性菌、北里大学と千葉科学大学での「人獣共通感染症」で吸血昆虫(ベクター)の特徴、宿主齧歯類の多様性等を講義する間に、病原体の自然宿主、増幅動物、ベクター及びヒトでの振る舞いを少しづつ理解するようになりました。そうした観点で、複眼的に、この感染症「ペスト」を考えてみました。

 

ペスト

病原体

ペストの原因菌はグラム陰性、通性嫌気性の桿菌で、多くの病原菌が属するプロテオバクテリア門、腸内細菌科の細菌であり、特別な細菌ではない。分類学的にはプロテオバクテリア門、γプロテオバクテリア綱、エンテロバクター目、腸内細菌科、エルシニア属、エルシニア・ペスティス(Yersinia pestis)である。祖先といわれ、水系感染を起こす仮性結核菌(Yersinia pseudotuberculosis)に極めて近縁である。実際、両菌のゲノムはほとんど変わらないが、ペスト菌は仮性結核菌にはない2つのプラスミドを持っている。pPCP1(プラスミノーゲンアクチベータ、コアグラーゼ、ペスチシン1)pMT1(莢膜抗原、murin toxinであり、これによりペスト菌が血液中で効率よく増殖するようになった。そのため砂漠周辺の草地あるいは山岳・森林地帯に生息する齧歯類を宿主としノミをベクターとして新たな生態系を確立したと考えられている。

 

 ペスト菌には3種類の病原性が異なる型がある。「ユスティニアヌス疫病」と言われ67世紀にシルクロードを介してヨーロッパに広がった古典型(Antiqua)、14世紀に「黒死病」として恐れられ、中世の大流行を引き起こした地中海型(Medievalis),および、19世紀以降の世界貿易の拡大に伴いネズミと共に世界中に拡散し、北里柴三郎とAlexandre Yersinによりペスト菌が分離された東洋型(Orientalis)である。

現在も世界各地で見られる流行は、このときの型(Orientalis)であり、アフリカの山岳地帯や密林地帯、東南アジアヒマラヤ山脈周辺と熱帯森林地帯、中国モンゴルの亜熱帯草原地域、中近東からカスピ海西北部、北米南西部ロッキー山脈周辺、南米北西部のアンデス山脈周辺と密林地帯で流行がみられる。病原性は一番古い流行型が最も強く、最後の流行型が最も弱い。いずれの型も中国の中西部に現存していると考えられている。

 

 

自然宿主とベクター

 ペスト菌は自然界では齧歯類とノミの間で維持されている。一般にノミは、蚊やダニのような他の吸血ベクターと異なり、宿主域が狭い。例えば、ネコひっかき病のベクターとして知られているネコノミは、ヒトの血を吸うが、卵を産むにはネコへの吸血が必要であり、ヒトに持続的につくわけではない。また、ペスト菌を媒介するネズミノミも同様に、産卵のためにネズミから吸血する習性を持つと考えられている。

こうした特徴のためか、ノミは蚊やダニと異なり、細菌感染症であるエルシニア属による「ペスト」とバルトネラ属による「ネコひっかき病」、寄生虫症(条虫感染症)の「ウリザネ条虫症」以外、人獣共通感染症としてノミ媒介のウイルス病や原虫感染症は、ほとんど知られていない。

他方、自然宿主である齧歯類では、感受性の違いが知られている。北米ではプレーリードッグの他にジリス、リチャードソンジリス、ベルディングジリス、タウンゼンドジリス、ユインタジリス、カリフォルニアジリス、キンイロジリス、シマリス、ウッドラット、リスがペストの宿主となっている。ハタネズミやシカネズミのようなキャリアーの動物種(enzootic host)は、ペスト菌に対して比較的抵抗性が高く、繁殖力が高いので、ノミが通年をとおして活動し、ペスト菌を次世代の動物に移していくと考えられている。一方、非常に感受性が高く、致命的でペスト菌による敗血症を起こしやすい宿主(epizootic host)は、前述したジリス、リス、ウッドラット、プレーリードッグなどである。

ペスト菌の自然界での生態を考えると、ハタネズミやシカネズミがレゼルボアの役割を果たし、ペスト菌を維持している。高感受性のジリス、リス、プレーリードッグなどの増幅動物群に流行が広がると、ペスト菌の増殖が盛んとなり、直接あるいは伴侶動物やノミなどを介してヒトに感染が広がり、ヒト―ヒト感染に拡大すると考えられる。ペストは、しばしば南北アメリカ大陸、中国・インド・東南アジア、アフリカ大陸・マダガスカルなどで流行を起こしている。温暖化により大陸地域で乾燥地帯が拡大すると、齧歯類の生息域も変化を受け、ペスト菌を保有する動物とヒトとの接触機会が増加するリスクが考えられる。

 

流行疫学

 ペストは、古くギリシアとスパルタが戦ったペロポネソス戦争の際のアテネでの流行(「アテネペスト」、科学的根拠はないが、そのように推察されている。天然痘、発疹チフスという説もある。)、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝(ユスティニアヌス1世)における腺ペストの流行が記載されている。後者は「ユスティニアヌス疫病」として知られ、ローマ帝国拡大・再統合の夢を断念する引き金となった。

14世紀の「黒死病」は、ベネチアの検疫制度の開始やイスラム圏の医学者イブン・アルハティーブの「ペスト流行時、衣類・食器・イヤリングへの接触が発症の有無を左右する」、イブン・ハーティマの「感染症は微生物が体内に侵入することによって発症する」といった、先進的なペストに関する流行疫学の発見を生んだ。しかし、この流行はアジア(中国)からシルクロードを経由して欧州(イタリア)に伝播し、当時の欧州の人口の3分の1から3分の2に当たる、約2,000万から3,000万人が死亡したと推定されている。また全世界では、約8,500万人~1億人が死亡したと考えられる大流行であった。

3回目の大流行は現在に続くものである。中国雲南省1855に大流行した腺ペストを起源とするものであり、香港での大流行(1894年)をきっかけとして拡大し、台湾日本ハワイ諸島、米国、東南アジア南アジアの各地に広がった。1910からは清朝末期の満州で肺ペストが流行した。またインドでの死亡者は1200万人以上に達したといわれている。

 前述したように、ペストは決して過去の疾病ではない。現在でも世界の多くの国々で発生している。1991年から2000年の間に、アフリカ大陸ではマダガスカルの9,000人、タンザニアの4,700人をはじめ、モザンビーク、コンゴ、ナムビアなどで1,000人以上の患者が出ている。アジア大陸ではベトナムの2,900人、インドの900人の他に、ミヤンマー、モンゴル、中国、カザフスタン、インドネシアなどで発生が見られている。アメリカ大陸では米国が100人、南米ではペルーの1,300人、ブラジルの60人の他、エクアドル、ボリビアで流行が見られた。

感染症統御が最も進んでいると考えられる米国では、1970年から1994年の間に、ヒトペストの原因動物として同定されたケースは、リスが44.3%、プレーリードッグが5.7%、ウサギ6.9%、ネコ5.3%、その他の肉食動物2.7%と報告されている。通常、enzootic hostからヒトが感染することはなく、ヒトへの感染はepizootic hostから直接、あるいは伴侶動物などの他の動物種をとおして感染する。また、1959年から1998年まで米国では393例のペスト患者の発生が報告されており、そのうち240例で感染源が同定されている。プレーリードッグあるいはそのノミから、ヒトに感染した例は31例であった。また、米国でのペスト発生州は経年的に増加しており、1995年~97年に発生したヒトの18症例のうち5例はプレーリードッグを介したものであり、2例は死亡している。19985月にはテキサス州でノミを駆除し、10日間の検疫後に売買された356頭のプレーリードッグのうち223頭が輸送後に、ペストを発症するというケースが報告されている。

2000年以降も世界的にペストの散発がみられている。特にマダガスカル、コンゴ、ペルー、米国では毎年発生が報告されている。2010年~2015年には世界で3,248人の患者が報告され、548人が死亡した。直近では、マダガスカル山岳部で恒常的に腺ペストの発生が見られていたが、20178月以降に首都アンタナナリボを含めた都市部での肺ペスト患者の増加が見られており、108日までに肺ペスト患者 227人、腺ペスト患者106人、ペスト敗血症1人の発生が確認され、45人が死亡した。世界保健機関(WHO)がマダガスカルのペストと戦うために、120万ドーズに近い抗生物質を提供し、150万ドルの緊急資金を提供した。WHOは、マダガスカルのペストのアウトブレイクに効果的に対応し、命を救うために550万ドルの資金が必要であることをアピールしている。

一般的に、ペスト菌のヒトへの感染経路としては、病原体保有ノミ刺咬による感染が78 %、ペットなどを含む感染小動物の体液を介した傷口からの感染が20 %、ペスト菌含有エアロゾルの吸入が2 %(肺ペストによるヒトからヒトへの感染)となっている。また、流行の常在地域でのペスト患者の発生はノミの活動期(高温・多湿、6~8月)に集中する傾向がみられる。

 

症状

ペストの臨床症状には、腺ペスト、敗血症ペスト、肺ペストの3種類が知られている。

腺ペストの潜伏期間は2日~7日であり、ペストの8090 %を占める。感染齧歯類などに吸着したノミによる刺咬後に発病する最も一般的な型である。稀に、感染したヒトあるいは動物への接触により、傷口や粘膜から感染する場合もある。急激な発熱(38 C 以上の高熱)、頭痛、悪寒、倦怠感、不快感、食欲不振、嘔吐、筋肉痛、疲労衰弱などの強い全身症状、さらに鼠径部、腋窩、頸部などの局所リンパ節腫脹(クルミ~アヒルの卵大)および壊死・膿瘍形成が特徴である。発症後、ペスト菌はリンパ流、血流を介して脾臓、肝臓、骨髄、心臓、肺臓など全身に伝播して敗血症を起こす。34 病日に敗血症を起こし、その後23日以内に死亡する。ノミの刺咬部位には変化はないが、稀に、刺咬部位の皮膚、または眼に化膿性潰瘍や出血性炎症を形成する場合があり、皮膚ペスト、眼ペストと呼ばれている。

敗血症ペストはペストの約10 %を占める。局所症状がないまま全身にペスト菌が伝播して敗血症を引き起こす場合、腺ペストから敗血症への移行によるものがある。急激なショックおよびDIC(播種性血管内凝固)、昏睡、手足の壊死、紫斑など、いわゆる「黒死病」を起こす。通例、発症後2~3日以内に死亡する。

肺ペストは、腺ペストの末期や敗血症ペストの経過中に起こる。増殖したペスト菌が肺に侵入して肺炎を起こし、肺胞が壊れて、痰やペスト菌含有エアロゾルを排出するようになる。この場合、肺ペスト患者が感染源になって、ペスト菌がヒトからヒトへ素早く伝播する。肺ペスト患者のペスト菌含有エアロゾルを吸い込んで2 次的に発症すると、強烈な頭痛、嘔吐、3941 C の高熱、急激な呼吸困難、鮮紅色の泡立った血痰を伴う重篤な肺炎が起こる。潜伏期間は通例23日、最短は1215時間。発病後1224時間で死亡する。

 

診断

 診断には、血液や腫脹したリンパ節の吸引物、痰などにペスト菌を証明する。患者血清中の抗Fraction 1 抗体価が、受身赤血球凝集(PHA)反応で10 倍以上上昇する。PCR によりペスト菌の遺伝子を確認する等の方法がある。

 行政的な、疑似患者と確定患者の診断基準は以下のように定められている。

1、疑似患者:ペスト流行地への渡航歴や、バイオテロに巻き込まれた可能性がある場合で、ペストの臨床症状を示し、臨床材料からグラム陰性で両端染色性を示す桿菌や、診断用抗原(莢膜抗原)に対する抗体、蛍光抗体に対して陽性を示す菌が検出された場合。あるいは、ペスト菌に特異的なプライマーを用いたPCR 法で、特異的なバンドが検出された場合、患者血清中の抗Fraction 1 抗体価が、PHA反応で16 倍以上を示した場合。

2、確定患者:臨床材料から分離した菌が、顕微鏡所見で明らかな極小体を示すグラム陰性桿菌で、莢膜抗原に対する抗体、蛍光抗体に陽性を示し、ペスト菌に特異的なプライマーを用いたPCR 法で陽性を示し、ペスト菌特異ファージに対して感受性を示し、生化学的性状がペスト菌の性状と一致することなどから総合的に判断し、ペスト菌(Yersinia pestis)と同定された場合。あるいはPHA反応で、診断用抗原に対する回復期の抗体価が、感染初期の抗体価の4 倍以上上昇している場合。

 

 

治療

幸いペスト菌は多くの抗生物質に感受性であるが、治療が遅れると非常に高い致死率を示す。回復後、予後は良好で、後遺症は殆ど残らない。日本でペストの治療薬として保険が適用されるのは、ストレプトマイシンだけである。ペストに最も効果があるが、副作用があるので過度の投与は避けたほうが良い。新生児、未熟児、乳児、小児に対する安全性はまだ確立されていない。

他方、米国疾病予防管理センター(CDC)、WHO が推奨する抗生物質には以下のものがある(治療期間はすべての抗菌薬において10 日を超えないこと)。また、テトラサイクリンに対する耐性を持つペスト菌の報告があるので注意が必要である。

1、アミノグリコシド系(蛋白合成阻害):ストレプトマイシン、ゲンタマイシンは全てのペストに最も効果がある。
2、テトラサイクリン系(蛋白質合成阻害):テトラサイクリン、ドキシサイクリンは腺ペストおよび肺ペストの治療にアミノグリコシド系と適宜併用。
3、クロラムフェニコール(蛋白質合成阻害):ペストの髄膜炎、胸膜炎、内眼球炎等の治療に用いる。腺ペスト、敗血症型ペストには、アミノグリコシド系と適宜併用。
4、ニューキノロン系(DNA合成阻害):全般的にペストに対して優れた効力を示す。特にレボフロキサシン、スパルフロキサシンが優れている。副作用の強いアミノグリコシド系よりペストの治療に期待が持てる。

 

予防

 患者と直接接触した人や肺ペスト患者に接近した人など、発病する可能性の高い人や、流行地への旅行者などのように短期間ペストの暴露を受ける可能性がある人に対して、予防のためにWHOCDC は抗菌薬(テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ST合剤(サルファメソキサゾールとトリメトプリムを51の比率で配合した合剤))の予防投与を勧めている。投与量は、治療で用いる量の1/2 ~同量を経口投与する。

 

米国からのプレーリードッグの輸入を禁止する際に「プレーリードッグとペスト」の関連性を紹介しました。以下のインターネットにアップされています。やってみると、うまくつながらないケースがあるので、ここにもう一度アップしておきます。調べてみると2003年の原稿でした。

 

ペストとプレーリードッグ

東京大学大学院農学生命科学研究科 吉川泰弘

はじめに1999年の感染症新法制定の際、動物由来感染症が始めてヒトの感染症法の対象になった。最も厳しい対応を必要とする第1類感染症としてエボラ出血熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱、ラッサ熱のウイルス性出血熱と細菌感染症であるペストが対象となった。これらはいずれも動物由来感染症であるが、このときの政令ではサル類のエボラ出血熱とマールブルグ病が指定動物および指定感染症として定められ、輸入禁止・法定検疫の対象とされた。

ペストに関しては199911CDCがわが国に輸入されるプレーリードッグにペスト感染のリスクがあることを伝え、国立感染症研究所と厚生省(現厚生労働省)に検討会・調整会が置かれた。1999年と2001年に厚生科学研究費で輸入プレーリードッグのリスク評価が行われ、輸入規制の必要性が提言された。他方、2001年から財務省がげっ歯類の輸入統計を開始し、20024月に年間13千頭以上が輸入されていることが明らかになった。20027月輸入動物に関する規制検討委員会が発足し、また厚生科学審議会感染症分科会感染症部会に動物由来感染症ワーキング・グループ(WG)が設置された。このWGは、1999年に施行された感染症法の5年後見直しのための検討を進める目的で組織されたものである。20028月米国のプレーリードッグ輸出施設で野兎病が発生し、CDCは国立感染症研究所に連絡してきた。厚生労働省は国内の輸入業者に連絡し自治体の協力を得て調査し、異常がないことを確認したが、個人に販売されたプレーリードッグの行方を把握することは困難であった。

野兎病はダニ等により媒介される細菌性の動物由来感染症である。ペストはノミによって媒介されるが、輸出施設で野兎病が発生したことは、同じ節足動物で媒介されるペストのコントロールが出来ていないことを意味する。WGはリスクの大きさを考え、感染症部会を介して厚生労働省にプレーリードッグのペストを政令で指定動物と指定感染症の対象にし、輸入禁止措置をとるべきであることを提言した。この提案は20031月末の閣議で了承され、200331日からプレーリードッグの輸入禁止措置が取られることとなった。

 

ペストとは?古くて新しい感染症:ペストは中世に黒死病と恐れられたあのペストである。ペストの歴史を振り返ると、その大流行は世界史上3回知られている。流行はいずれも中国を起源にしていると考えられる。6~7世紀シルクロードを介してヨーロッパに広がった古典型〔Antiqua〕、14世紀の中世の大流行を起こした地中海型(Medievalis),および、19世紀以降の世界貿易の進歩に伴いネズミと共に世界中に拡散した東洋型(Orientalis)である。現在の世界各地で見られる流行株はこのときの株である。病原性は一番古い流行株が最も強く、最後の流行株が最も弱い。いずれの株も中国の中西部に現存している。

ペストの原因菌はエルシニア・ペスティ(Yersinia pesti)で、先祖は反芻動物のヨーネ病(肉眼病変の類似性から偽結核とも言われる)の原因菌であるYersinia pseudotuberculosis と考えられている。この菌は水系感染(水路を介した伝播)を起こすが、ペスト菌は血液中でよく増殖できるように新たなプラスミドを獲得した。そのため砂漠近郊に生息するげっ歯類を宿主としノミを媒介動物として新たな生態系を確立したと考えられている。

ペストは決して過去の疾病ではない。現在でも世界の多くの国々で発生している。1991年から2000年の間に、アフリカ大陸ではマダガスカルの9000人、タンザニアの4700人をはじめ、モザンビーク、コンゴ、ナムビアなどで1000人以上の患者が出ている。アジア大陸ではベトナムの2900人、インドの900人の他に、ミヤンマー、モンゴル、中国、カザフスタン、インドネシアなどで発生が見られている。アメリカ大陸では米国が100人、南米ではペルーの1300人、ブラジルの60人の他、エクアドル、ボリビアで流行が見られた。決して過去の疾病ではない。幸いペスト菌は多くの抗生物質(ストレプトマイシン、テトラサイクリン、クロラムフェニコールおよびニューキノロン系)に感受性であるが、治療が遅れると非常に高い致死率を示す。また肺ペストの場合はエロゾールで感染が拡がるので注意が必要である。

ペストとプレーリードッグ:プレーリードッグはげっ歯類、リス科の動物である。北米中西部(アリゾナ、コロラド、ユタ、オクラホマなど)を中心に米国からカナダに広く分布し、オグロプレーリードッグ、オジロプレーリードッグ、ガニソンプレーリードッグ、ユタプレーリードッグ、メキシコプレーリードッグが生息している。わが国には主としてオグロプレーリードッグとオジロプレーリードッグがペットとして輸入されている。

ペストは前述したようにげっ歯類とノミの間で維持されている。北米ではプレーリードッグの他にジリス、リチャードソンジリス、ベルディングジリス、タウンゼンドジリス、ユインタジリス、カリフォルニアジリス、キンイロジリス、シマリス、ウッドラット、リスがペストの宿主となっている。キャリアーの動物種(enzootic host)はペスト菌に対して比較的抵抗性が高く、繁殖力が高いので、ノミが通年をとおして活動し、ペスト菌を次世代の動物に移していくと考えられる。ハタネズミやシカネズミがこれにあたる。他方非常に感受性が高く、致命的でペスト菌の敗血症を起こしやすい宿主(epizootic host)は、前述したジリス、リス、ウッドラット、プレーリードッグなどである。

 米国では1970年から1994年の間に、ヒトペストの原因動物として同定されたケースはリスが44.3%、プレーリードッグが5.7%、ウサギ6.9%、ネコ5.3%、その他の肉食動物2.7%などである。通常、enzootic hostからヒトが感染することはなく、ヒトへの感染はepizootic hostから直接、あるいは伴侶動物などの他の動物種をとおして感染する。1959年から1998年まで米国では393例のペスト患者の発生が報告されており、そのうち240例で感染源が同定されている。プレーリードッグあるいはそのノミから、ヒトに感染した例は31であった。また図のように、米国でのペスト発生州は経年的に増加しており、1995年~97年に発生したヒトの18症例のうち5例はプレーリードッグを介したものであり、2例は死亡している。19985月にはテキサス州でノミを駆除し、10日間の検疫後売買された356頭のプレーリードッグのうち223頭が輸送後ペストを発症するというケースが報告されている。

プレーリードッグのペスト:春から夏にかけて、ノミの活動が活発なりに、その年の初子が自由に動き回る時期(3月~5月)に流行が起こることが多い。潜伏期間は明瞭ではないが、プレーリードッグは感受性が高く1週間から2週間以内と考えられる。発症した場合はほぼ100%死亡する。特にペスト特有の臨床症状は知られていない。野生げっ歯類では行動異常が認められるという報告がある。リンパ節の腫脹、鼻出血が認められる場合もある。しかし、一般には明らかな臨床症状は示さないで、突然死亡することが多い。

 プレーリードッグはペストに対する感受性が非常に高いので、国内に輸入され、長期間飼育されている個体がペストに感染していたり、ペスト菌を保有していることはあり得ない。しかし、輸入直後に原因不明で死亡した場合にはペストも疑う必要がある。

 診断:死亡個体に関しては直接ペスト菌の莢膜抗原(fraction 1)を蛍光抗体法(直接法)で検出する。死後時間が経過していても骨髄から材料採取すると検査に使える。確定診断はペスト菌の分離、PCR法による遺伝子検出である。検査は地方自治体の衛生研究所で可能。

 病理:プレーリードッグのペスト病変に関する記載はほとんどない。しかし、感受性の高い他のげっ歯類と類似していると考えられる。カリフォルニアジリスの場合は急性感染では出血性リンパ節炎、脾腫などが見られる。亜急性例では壊死性リンパ節炎、肝・脾の結節性巣状壊死。治癒例では化膿性巣状壊死を伴うリンパ節腫脹が見られている。他に、肺炎、鼻出血、胸部点状出血、脾の膿瘍などが認められたケースがある。

 

おわりに200331日からプレーリードッグは上述の理由から輸入禁止動物となった。従って、今後プレーリードッグに由来するペストの侵入が起こることは考えられない。しかし、プレーリードッグは既にエキゾチックペットとして、安定した人気を持っており、ニーズも高い。安全な個体を飼育するには繁殖個体を購入するか、検疫が始まれば検疫済みの個体を購入することになる。輸入検疫等に必要な条件に関しては現在検討中であるが、概ね以下のようなステップが必要とされると考えられる。

参考文献:渡邊治雄 ペスト 感染症の診断・治療ガイドラインpp56-59日本医師会

       山田章雄、渡邊治雄 プレーリードッグのペスト 同上 日本医師会

 

妻と作った人形。

娘の修学旅行の写真をもとにしました。

妻と作った人形。

娘の修学旅行の写真をもとにしました。

オリジナルの写真です

 

娘のドイツ時代のカーニバルの写真です。大家さんは子ネズミちゃん「モイスヒェン」といっていました。

下の人形は妻の作品です。

先日、妻の作品が創刊700号記念家庭画報大賞の佳作に入りました。

題「何して遊ぼう」です。

 

妻が、稽古に通い、粘土で作った作品です。昨年、東京フォーラムで、他の生徒さんと一緒に展示されました、「仙人草」

(水やり不要です)。