1996年のルソン島ラグナでのサルのエボラレストンの

 流行以来、熱帯病研究所と共同でサルを追って6年、

そのあと、10年以上にわたりタイ(カセタート大学)、

フィリピン(フィリピン大学、ロスバニオス獣医大学)と

共同でコウモリの研究をしました。

フィリピンには、毎年1~2回訪問し、コウモリの捕獲をしています。

今年のデータではありませんが、いい写真があったのでアップします。

毎年、このような光景です。

 

 

妻と作った人形。

娘の修学旅行の写真をもとにしました。

オリジナルの写真です

 

娘のドイツ時代のカーニバルの写真です。大家さんは子ネズミちゃん「モイスヒェン」といっていました。

下の人形は妻の作品です。

先日、妻の作品が創刊700号記念家庭画報大賞の佳作に入りました。

題「何して遊ぼう」です。