New:2019年9月14日、ワンヘルスサイエンス学会で講演することになりました。学会の目的は、①学会を通じての21世紀の課題(環境問題、食料問題、感染症問題)について分野を超えて情報の共有と共同活動を行うこと。課題解決への対応を検討することです。②また、そうした活動のできる人材の育成と教育・認定することです。今回は、ワンヘルス・サイエンティストの養成について、国内外の動きと学会の役割について紹介しようと思います。以下は、その時に使ったスライドです。

W-1 ワンヘルス・サイエンティストの立ち上げについて 岡山理科大学獣医学部長 吉川泰弘

20世紀という100年間は、人類の歴史の中でも不連続的に発展した世紀です。自然科学が人文科学を凌駕し、物理学も化学も生物学も強烈な勢いで進みました。この100年間に、人類はそれまでの歴史の数10倍のエネルギーを生産・消費し、人口も数10倍に増加しました。しかし、その分、深刻な問題を産み出しました。

20世紀を振り返ると、科学の驚異的な進展は、20世紀初頭に人類が考えたようにはならず、その進歩は必ずしも平和や幸福に結びつきませんでした。また、経済活動の拡大や高度成長至上主義は自然破壊や格差の拡大を産む結果となりました。20世紀の人間中心主義、自己中心の一国主義は矛盾の拡大をまねきました。その結果、環境破壊、貧富の格差、人種の差別、戦争・テロが頻発しました。

 21世紀を迎えて、人類の目標は「高度成長社会」という20世紀のスローガンから「持続可能な社会の確立」に変わりました。国連が設定した21世紀のための持続可能な開発目標(MDGs:Millennium Development Goals)は、2016年から、新しい目標としてSDGs(持続可能な開発目標: Sustainable Development Goals)になりました。たくさんの目標が挙げられています。しかし、基本的なゴールは、環境保全と生物多様性の維持、食料安定供給と人口増加の制御、感染症の統御の3つです。

これらの課題を解決するには、そうした課題の解決に貢献できる人材の育成が必須です。微生物からヒトまで、地球上の生き物は「一つの世界」に生きているというライフサイエンス、およびヒトのみならず家畜、野生動物の健康、環境の健全性、すなわち「健康は一つ」であるというワンヘルスサイエンスの両輪を担う人材の育成と認定が必要です。

広く理学、医学、薬学、獣医学、工学等及びその関連分野を含めた異分野の人材ネットワークの確立と相互の協力に基づき、21世紀の課題の解決に向かう人材がワンヘルス・サイエンティストであり、その研究、教育、認定の役割を担うのが本学会の目的と考えています。

OIE(国際獣疫事務局)からはVPPの具体的な戦略が提示されました。また日本学術会議からは「人口縮小社会における野生動物管理のあり方」が政府に提言され、123日にシンポジウムがあります。こうした動きも取り込んで、ワンヘルス・サイエンティストの認定作業を進める必要があります。

 

Plan for growing up the One Health Scientist.
Okayama University of Science, Dean of Faculty Vet. Med. Yasuhiro YOSHIKAWA.
 100 years in the 20th century, were  a term of discontinuous development in human history. Natural science surpassed both humanities and social science.  Sciences of physics, chemistry, and biology advanced at a very rapid pace. Over the last 100 years, mankind has produced and consumed tens times the energy of its human history, and the population until then has grown tens times. However, it has created serious problems.

   Looking back at the 20th century, the rapid progress of science did not seem reaching to the goal to be imaged by mankind at the beginning of the 20th century. Scientific progress has not always led to peace and happiness. In addition, expansion of economic activity and high-growth supremacy resulted in destruction of nature and widening disparities. Anthropo-centricism and self-centered nationalism first in the 20th century led to the expansion of contradiction. As a result, environmental destruction, disparity between rich and poor, racial discrimination, war and terrorism occurred frequently.

 As we enter the 21st century, the goal of mankind has changed from the 20th century slogan of “high growth society” to “establishment of a sustainable society”. The sustainable development goals for the 21st century (MDGs: Millennium Development Goals) set by the United Nations have become SDGs (Sustainable Development Goals) as a new goal since 2016. There are many goals. However, the three basic goals are environmental conservation and biodiversity maintenance, stable food supply and control of population growth, and control of infectious diseases.

   To solve these issues, it is essential to develop human resources who can contribute to solving these issues. The principle of life science is that living things on the Earth, from microorganisms to humans, live in a “One World”.  Another life science principle is that not only humans, but also health of domestic animals and wild animals, environmental health are related as “One Health”. It is necessary to develop and certify human resources, who can handle both wheels of One Health Science in accordance with these two principles.

   ”One Health Scientist″ is a person who contributes to solving problems in the 21st century. They are researchers in basic science, medicine, pharmacy, veterinary medicine, engineering and related fields. They establish a network of human resources in different fields and tackle problems based on mutual cooperation. I believe that the purpose of this "One Health Science Society" is to support the research, to provide education and to certify specialists.

   Recently, the OIE (International Bureau of Animal Health) presented specific strategies for establishment of VPP in each country. In addition, the Science Council of Japan proposed to the government “The way of wildlife management in a society with a shrinking population”. There will be a symposium on that on December 3rd. It is necessary to take these movements into account and to proceed with the certification work for "One Health Scientists".

 

 

Foreword  Expect for One Health Science Society

Faculty of Veterinary Medicine, Okayama University of Science

Yasuhiro Yoshikawa, Prof. PhD. DVM

 

   In 1999, the “Infectious Disease Law” was revised for the first time in about 100 years. As a result, zoonosis was newly incorporated in the law. Until then, the "Epidemic Prevention Act" had been enacted for the purpose of controlling infectious diseases from person to person. In addition, the “Livestock Infectious Disease Prevention Law” was aimed at preventing the spread of infectious diseases from livestock to livestock. Thus, zoonosis had not been covered by medicine or veterinary medicine. In formulating the "Infectious Disease Law", two veterinarians including me were invited as experts. According to the concept of One Health, veterinarians were incorporated into the responsibility of zoonosis control.

Internationally, in 2004, the Manhattan principle advocating "One World, One Health" was announced. "One Health" is the idea that the health of humans, domestic animals, and wild animals is one. The committee states the need for medical and veterinary medicine to collaborate for One Health. "One World" contains the idea that soundness including the environment such as water, soil and air is important for conserving biodiversity, which is the foundation that supports us.

In the 1960's, Calvin Schwabe, the Father of veterinary epidemiology, advocated "One Medicine". In the field of medical science, the position that human medicine is the same as animal veterinary medicine. He proposed that veterinary epidemiology dealing with a group of domestic animals, and public hygiene exploring trends in the human population, were based on a common foundation. He advocated the idea that the tools and goals were the same in both sciences. Since the 21st century, as the age-related diseases accompanying the aging of humans and companion animals increased, the idea of "One Medicine" has enhanced more.

The foundation of epidemiology is examination data. Even in inspections, however, there are various inspections such as monitoring (random sampling inspection), screening (screened by all parts inspection), or surveillance (risk control inspection: active or passive, general or target) depending on purpose. Even if the same examination data is gotten, the meaning thereof will differ. More recently, methods of handling big data and methods of meta-analyzing the paper data such as meta-analysis are also presented. Based on the scientific data, I hope that this society will act as an academic body to point out the direction of problem solving for diseases, and nurture those who can be verified.

The World Organization for Animal Health (WOAH, OIE) advocates the necessity and training of VPP (Veterinary Para - Professionals) active in veterinary related fields. I expect too that this society will play a role of education and certification of such human resources.

 

Key words: one health, one w

orld, one medicine, surveillance, screening, monitoring

 

巻頭言

ワンヘルスサイエンス学会に期待する

岡山理科大学獣医学部 吉川泰弘

1999年、約100年ぶりに「感染症法」が改正された。それには、動物由来感染症が新しく組込まれた。それまで、伝染病予防法は人から人への伝染病の統御を目的に制定されていた。また、家畜伝染病予防法は家畜から家畜への伝染病の蔓延防止を目的としていた。動物由来感染症は医学でも獣医学でも対象とならなかった。「感染症法」の策定にあたり、私を含め獣医2名が専門家として招聘された。One Healthの概念により、獣医師が動物由来感染症統御の責務に組み込まれた。

国際的には、2004年、「One World, One Health」 を提唱するマンハッタン原則が公表された。「One Health」は、ヒト、家畜、野生動物の健康は1つという考え方である。医学と獣医学が連携する必要性を述べている。「One World」は、我々を支える基盤となる生物多様性の保全には、水や土壌、空気など環境を含めた健全性が大切という考え方が盛り込まれている。

1960年代に獣医疫学の祖、カルビン・シュワーベが「One Medicine」を唱えた。医学分野では、ヒトの医学も動物の獣医学も同じであるという立場である。彼の専門である家畜の群れを扱う獣医疫学とヒトの集団の動向を探る公衆衛生学は、共通の基盤に立っているし、ツールもゴールも同じであるという発想であった。21世紀に入り、ヒトと伴侶動物の高齢化に伴う加齢性疾患が増加したため、「One Medicine」の考え方は、より進化している。

疫学の基盤は検査データである。検査といっても目的によりモニタリング(抜き取り検査)、スクリーニング(全個検査による篩分け)、サーベイランス(監視検査:能動 or受動、ジェネラル or標的)と様々である。求めるものにより同じ検査データであっても、その持つ意味は異なってくる。さらに最近は、ビックデータの取り扱い方法や、メタ分析のような論文データをメタ解析する方法も提示されている。本学会が科学的データに基づき、疾病の問題解決の方向性を指し示し、検証できる者を育てる学会として活躍することを期待する。

世界動物保健機関(WOAH, OIE)は、獣医関連分野で活躍する獣医関連専門家(VPP, Veterinary Para-Professionals)の必要性と、その養成を提唱している。本学会が、そうした人材の教育・認定の役割を果たしてくれることも、また、期待したい。

妻と作った人形。

娘の修学旅行の写真をもとにしました。

妻と作った人形。

娘の修学旅行の写真をもとにしました。

オリジナルの写真です

 

娘のドイツ時代のカーニバルの写真です。大家さんは子ネズミちゃん「モイスヒェン」といっていました。

下の人形は妻の作品です。

先日、妻の作品が創刊700号記念家庭画報大賞の佳作に入りました。

題「何して遊ぼう」です。

 

妻が、稽古に通い、粘土で作った作品です。昨年、東京フォーラムで、他の生徒さんと一緒に展示されました、「仙人草」

(水やり不要です)。